北川悠仁の自宅は高島彩が自腹で購入!妻が教団の建物を買い取った理由とは?

kitayu_sum

今回は、フォークデュオ「ゆず」のメンバーとして活動している北川悠仁さんの自宅に関する話題を取り上げたいと思います。

2011年10月に、フリーアナウンサー・高島彩さんとの結婚が報じられ、2022年現在は娘2人と一緒に暮らしているという北川悠仁さん。

結婚当初は、夫婦で横浜市内の高級マンションに住んでいたそうですが、2015年に豪邸を購入したことが週刊誌で報じられ話題となりました。

また、豪邸にまつわる情報を調べていくうちに、北川悠仁さんのお母さんが運営する教団の噂や、妻・高島彩さんが抱える嫁姑問題についても浮き彫りになってきました。

北川悠仁さんの自宅から見えてきた情報をまとめてお届けします。

この記事で分かること

・ 北川悠仁さんの自宅と言われている豪邸の正体
・ 妻:高島彩 と 母:北川時敬 の嫁姑問題
・ 北川悠仁、高島彩の推定年収

北川悠仁が住んでいるという横浜の自宅は、広さ375㎡の大豪邸

kitayu_8
出典元:Google Map

住所 〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村4丁目19−27
敷地面積 375平方メートル
推定価格 1億8000万円
その他 地上2階、地下1階建て
鉄筋コンクリート製

北川悠仁さんと妻・高島彩さんは、2011年に結婚したあと横浜市内の高級マンションに住んでいましたが、2015年に豪邸を購入したことが週刊誌で報じられました。

375㎡の広大な敷地と、家族で住んでも余裕のある地下1階・地上2階建ての豪邸は、推定価格1億8000万円だそうです。

以前住んでいたというマンションも、高級住宅街のセキュリティ万全の高級マンションだったそうですから、やっぱり国民的アーティストとアナウンサーの資金力は半端ないですね!

文字通り「住む世界が違うなぁ、、、」と感じてしまいます。

2022年現在、小学校に上がった2人の娘さんもいらっしゃいますから、家族みんなでのびのびと過ごせそうですね。

妻・高島彩が全額負担で購入

 

この投稿をInstagramで見る

 

naopan(@panpan_ayapan)がシェアした投稿

大変立派な豪邸ですが、なんとこの豪邸は妻・高島彩さんが全額負担で購入したそうです。

「(どこから湧いてくるんだそのお金・・・)」

とあっけにとられるような金額ですね。

フジテレビ時代は”アヤパン“として人気のアナウンサーでしたし、フリーアナウンサーに転身してからも、テレ朝系列の報道番組『サタデーステーション』のメインキャスターとして出演していますから、その活躍ぶりから考えれば納得です。

自宅のすぐ近くには、北川悠仁の実家がある

kitayu_6
出典元:Google Map

自宅として購入した豪邸は、北川悠仁さんの実家からすぐ行ける場所あります。

この二つの建物は、番地以外の住所が同じのため、画像で確認しないとどっちの建物の話をしているのかわからなくなりそうですね・・・。

そのせいか、ネット上には北川悠仁さんの実家や自宅について以下のように複数の情報が出回っています。

  • 実家が母・北川時敬さん率いる教団の建物で、目の前に自宅(豪邸)を建てた
  • 豪邸自体が教団の建物である
  • 豪邸には北川悠仁さんの姉夫婦が住んでいる

ひとつ気になるのは、北川悠仁さんの姉夫婦が住んでいるという情報でしょうか。

もしこの情報が本当だとすれば、高島彩さんが義理のお姉さんに家を買ってあげたということになります。

姉夫婦からすれば、実家の近くに住む家があることで、仕事が忙しい時などにお子さんを実家へ預けたりもできますし、住みやすい場所であるのは間違いないですが、妻・高島彩さんが姉夫婦に家を買ってあげる理由についてはよくわかりませんね。

いくら義理の姉とはいえ、よその家庭のために”億”を超える大豪邸を買う義理はどこにもないでしょう。

実家は母親が率いる教団の施設

北川悠仁さんの自宅に関しては複数の情報が出回っていて謎が多いですが、実家宗教関連の建物であることは間違いなさそうです。

母・北川時敬さんの宗教施設をグーグルマップで検索すると、建物の入り口には「北川」と書かれた表札とともに縦書きで「かむながらのみち」と団体名が書かれた表札があることを確認できます。

この団体名は、北川悠仁さんのお母さんが運営する教団の名前で、一部では「総本部なんじゃないか」とも言われています。

母・北川慈敬は教団「かむながらのみち」の創始者

kitayu_10
出典元:LOVE & PIECE

名前 北川慈敬 (きたがわ じけい)
本名 北川敬子 (きたがわ けいこ)
出身地 大阪府阿倍野区
生年月日 1937年生まれ

北川悠仁さんの母親である北川慈敬さんは、宗教団体「かむながらのみち」の創始者であることが知られています。

母・北川慈敬さんは、小学生の頃から「解脱会」の信者として布教活動を行ってきましたが、1999年5月に悠仁さんのスキャンダルが報じられた影響で「解脱会」を脱会することになり、新たに「かむながらのみち」を立ち上げました。

2022年現在で、1000人以上の信者を抱えているそうで、全国に10か所以上の拠点を構えているとのことです。

北川悠仁・自宅の正体は「礼拝堂」

kitayu_30
出典元:戸田設計

北川悠仁さんの自宅についてさらに深掘りして調べていくと、自宅として週刊誌に報道された建物は、母親が率いる宗教団体の礼拝堂(金剛山成就院本堂)であることがわかってきました。

この礼拝堂の建設に携わった建築士の方が、完成当初(2013年)の様子を写真で公開しており、外観から内装にいたるまで自宅として報道された建物の中身を確認することができます。

kitayu_27
出典元:戸田設計

kitayu_15
出典元:魔法使いモトジ

kitayu_16
出典元:魔法使いモトジ

どっひゃー!こりゃ立派な建物だわ~

建物の中は、こんな風になっていたのですね。

これらの写真が公開された投稿内には、礼拝堂の設計について

kitayu_17
出典元:魔法使いモトジ

という書き込みもあり、地下1階・地上2階という設計が週刊誌に”自宅“として報道された建物の情報と合致していることからも、自宅の正体は礼拝堂(金剛山成就院本堂)であると言えそうです。

では、妻・高島彩さんがこの建物を購入した理由はなんだったのでしょうか。

建物の内装から考えて、そもそも自宅として使うための建物ではなさそうですから、礼拝堂として建てられた建物を高島彩さんが買い取った形になります。

  • 2013年に建設された礼拝堂を、2015年に高島彩さんが買い取った

高島彩が礼拝堂を購入した理由は”嫁姑問題”か

kitayu_21
出典元:Twitter

高島彩さんがこの礼拝堂を購入した理由は北川慈敬さんとの嫁姑問題にありそうです。

母・慈敬さんは、高島彩さんへ結婚後は仕事を辞めて教団の信者として活動するよう伝えていたといいますが、高島彩さんが結婚後も仕事をやめずにフリーアナウンサーとして活動し続けているため、母・慈敬さんとの間に食い違いが生まれます。

お披露目を拒否したことで、嫁姑問題に発展

kitayu_22
出典元:スポニチ

母・慈敬さんは、2人の結婚後に集会を開き、信者の前で高島彩さんをお披露目しようとしていたそうですが、高島彩さんは直前になって拒否します。

さすがに、大勢の信者がいる前で、後継ぎ候補として紹介されてしまうのはマズいと感じたのでしょう。

母・慈敬さんからすれば、多くの信者を呼んだイベントをキャンセルされた上に、その理由が自分の教団を継ぎたくないという理由なのですから、さぞかし屈辱的なことでしょうね。

このことが原因で、嫁姑問題が勃発してしまい、北川悠仁さんとの夫婦仲も悪くなっていたそうです。

また、結婚するまで高嶋彩さんが母・慈敬さんの教えを守っていたのは、子供が欲しかったからだと言われています。

高島彩さんの著書「聞く 笑う、ツナグ。」の中でも「子供は3人ぐらい欲しい」と話していることから、どうしても北川悠仁さんとは別れたくないという思いがあったのでしょう。

2015年に教団の礼拝堂を買い取ったのも、教団にあまり深入りはせず、北川悠仁さんと一緒にいることを認めてもらう手段として、教団を経済的に支える形で折り合いをつけたとも考えられます。

2019年には、子供の教育方針を巡って再び対立

kitayu_23
出典元:芸能人劣化.com

高島彩さんの強い願いもあってか、2014年2月17日に長女、2016年6月1日には次女が誕生します。

その後は、娘2人と順風満帆な家族生活を送っていたものの、子供の進学先をめぐり再び母・慈敬さんとぶつかってしまいます。

高橋彩さんは、長女をカトリック系の小学校に通わせたいと考えていましたが、母・慈敬さんは孫が自らの信仰とは違う学校に行くことを嫌がったそうです。

kitayu_20
出典元:ROCK NOTE

この問題は、週刊誌にも報道されましたが、子供の教育だけはどうしても譲るわけにいかないようで、進学先は高島彩さんが決めたそうです。

北川悠仁・高島彩の年収

kitayu_26
出典元:ORICON NEWS

しかし、推定で1億円以上もする建物を買い取るお金はどこから湧いてくるのでしょう。

おふたりとも、相当の金額を稼いでいることは間違いなさそうですが、夫婦間でのお金の管理はどのようにされているのでしょうか。

お二人の年収事情についても見ていきます。

高島彩・フリーアナウンサーに転身後の年収は1億円以上

高橋彩さんは、フリーアナウンサーになってから年収は1億円を超えていると言われています。

2022年現在『サタデーステーション』のメインキャスター、『ワールド極限ミステリー』のMCとして毎週番組に出演されていますが、この出演料だけで9000万円以上の収入があるという話も聞きます。

その他にも、書籍の出版、雑誌の取材、イベントの司会などの仕事を考えると、やはり1億円は超えてくるでしょう。

生活費は北川悠仁さんが出しているそうで、高島彩さんの収入は、大半が貯金に回っているそうです。

北川悠仁の年収は1億4000万円程度か

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆず北川悠仁(@yujin_kitagawa)がシェアした投稿

普段の生活費を出しているという北川悠仁さんも、年収1億4000万円程度なのではないかと噂されています。

「ゆず」としてのライブツアーが大きな収入源ですが、カラオケ印税、CMソングとしての二次利用などの収入だけでも生活費は十分出せそうですね。

週刊誌の長者番付:音楽部門では、納税額が推定7000万円と紹介されていたそうですから、年収1億4000万円という数字は妥当でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は北川悠仁さんの自宅にまつわる話題をまとめてみました。

  • 北川悠仁さんの自宅と言われている豪邸は、教団の礼拝堂
  • 母と妻がぶつかることもあるが、家族関係は今のところ良好
  • 夫婦合わせての推定年収は約2億円、生活費は北川悠仁さんが出している

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)